2015年01月13日

シャーピン

ずいぶん雪が詰まると思ったらいつのまにかシャーピンが2本折れていました。
ホームセンターに売ってるからと安易に考えていたら同じサイズのシャーピンが売られておらず(泣
いつものハイガー産業からシャーピンと割れピンのセット1個329円也を10個購入。



このシャーピンは割れピンとセットになってないとすぐ使えない。
ホームセンターで販売されている国産除雪機用のシャーボルト、ナットとはちょっと違っています。
ハリガネで止めても良いのかもしれませんが割れピンを差し込むだけで簡単に装着できます。
ナットの締め付けが要らないから便利です。

注文から翌日の夕方に商品が届きました。
この早さには助かります。
必要な時に除雪機が動かせないと死活問題になりかねません(苦笑)

ちなみに本日除雪中に一時的に走行しないという現象がありました。
数分後に復活したのですが走行ベルトの予備も準備しておかないとやばいってことでしょうね。
posted by 吉田屋 at 07:31| Comment(15) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

オーガベルトの交換

除雪中にバッツーン…からん、からん…という音とともにオーガが動かなくなりました。

ん〜、
あぁ、オーガベルトが切れたんだなと思いこちらの記事を参考に交換しようとオーがハウジングと本体を分離させたところ原因がプーリーの脱落だとわかりました。

プーリーのネジは扇風機の羽根を止めるのと同じように回転方向と逆に切られてるので外れることってないような気がするんですがそこは中国クオリティってことでしょう。

プーリーを付け直し、ついでにオーガベルトを参考記事の通り[バンドーA−34]に交換しました。
純正で装着されていたVベルトはもう一回り小さく薄い、M−33と同じサイズじゃないかと思いましたが、プーリーの溝が深いので力の伝達を考えるとAタイプでいいんでしょう、サイズは33でも良いかも知れないです。

換装後にクラッチワイヤーの調整を忘れず実施しましょう。


ちなみに蓋を開けて見てみたら走行ベルトもそこそこ減ってましたね。
予備を準備しておかないと突然切れたときに泣きを見ることになります。


とりあえず中国製除雪機、まだ爆発せず動き続けていますw

続きを読む
posted by 吉田屋 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

照明、ライトスイッチの交換

前回の記事、照明、ライトスイッチの故障?でスイッチ故障の原因が凍結とわかりましたが、頂いたコメントから日本開閉器工業の防水型ロッカスイッチと交換することにしました。
左右の余白は気にならない程度に収まってます。
鱒(マス)さん、情報ありがとうございました。

また、僕が買った中国製除雪機"Snow Thrower"で使われてるライトのスイッチは雪の降るところで作業する機械でありながら防水になってないようなので、ライトをよく使う人は買ったらすぐ薄いビニールを被せるようにしたら良いと思います。
多分、これだけでも全然違うはず。
スイッチは嵌め込み式なので透明のビニールを一緒に挟み込んで余った部分を切り取る感じです。
今回は防水型に代えたのでビニールはかけてません。
[スイッチ交換前]
除雪機ライトのスイッチ交換前

[交換・点灯するか確認、OK!]
動作確認、点灯!OK!

[スイッチ交換後]
除雪機ライトのスイッチ交換後

今回交換した品番や金額
日本開閉器工業
ロッカスイッチ
JW-L21RKK:425円
送料:735円
-----------------
合計:1,160円

日本開閉器工業鰍ゥら直接買いましたが発送まで営業日で3日、新規登録で購入する場合は4営業日後に発送になります。
楽天でチェックしましたがやはり商品単価が安くても送料と代引き手数料の方が高くなってしまいます。
可能なら最寄りのホームセンターで取り寄せてもらうのも手段の1つかと思いますので参考まで。

降雪シーズンはほぼ終了ですがこれから積み上げた雪の山をこねくり回して(笑)地面に広げ溶かして行くために除雪機を使います。
最後にもう一頑張りですね。

中国製除雪機はいろんなところに手をかけて苦労しながら動かしてますが手をかけてあげれば基本的な作業はしてくれると思ってます。
いずれにせよ今シーズンの雪の量を思い出して買って良かったと実感してます(´∇`)

[追記]
2013年3月17日
昨日、日本開閉器工業からアンケートのお礼として500円のクオカードが届きました。
425円のスイッチを買って500円のクオカードがもらえるとは思っても見ませんでした(笑)

posted by 吉田屋 at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

照明、ライトスイッチの故障?

夜に除雪作業をすることがなかったためライトは使っていなかったのですが、いざスイッチONしてみたら・・・
ピョンっと戻ってしまう!

えぇぇ?まさかの仕事拒否?と思っていたらどうやら凍結していたようです(-_-)

気温が上がったら普通に使えるようになってました。
フロントパネル
frontpanel-ura.PNG
雪が降る場所で使うのに凍結しちゃうような部品が使われることってあるんですね。
これって日本製品でもあることでしょうか?
エアフィルター注文時も寒冷地仕様かどうか聞かれたことを考えると凍結してもしょうがないのか・・・


当ブログは部品調達の方法を記録しておくことも目的の一つなのでサイズ確認してスイッチを交換したいと考えました。
とりあえず凍結が原因だとしたら中に水が入らないよう防水、防滴仕様のスイッチを探します。
が、同じサイズのスイッチが検索に引っかかりません。
気温が上がって使えるようになり急ぐ必要がなくなったので時間をかけてスイッチを探したいと思います。

ところでこのスイッチの名前を知っていますか?
ロッカスイッチ、ロッカースイッチ、またはシーソースイッチと言います。
スイッチの名称なんてこんなことでもないと気にしないですよね?


フロントパネルが四角く切り抜かれていてサイズは縦30mm×横23mmでした。
日本製でサイズの合うスイッチがあればと思って探してます。
知ってる人がいたらコメントかメッセージで教えてください。
これから海外製品も検索してみたいと思います。

検索でひっかかったサイト、部品注文に使えそうだったのでブックマーク。
http://jp.rs-online.com/web/home.html
posted by 吉田屋 at 11:44| Comment(6) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

オイル交換

First oil Cange after 5 hours.
最初のオイル交換は5時間後に行ってください。
その後は50時間ごとにオイル交換、重作業を続ける場合は25時間ごとにオイル交換をするよう注意書きされていました。
Snow Thrower Instruction For User
除雪機・ユーザーへの指示書19ページ参照

自動車でも新車は1ヶ月くらいで点検やオイル交換をしますが除雪機も同じですね。
最初は早い段階でオイル交換しておいた方が良いと思います。
天気と休みが上手く合わなくて5時間以上経過してますが初めてのオイル交換を行いました。
オイルドレンプラグ
オイルを抜くためのドレンボルトはイラストの赤文字で示されている場所です。
メガネレンチで外しましたがレンチを入れるスペースを考えるとラチェットレンチの方が効率よく外せます。
メンテナンスのためにラチェットレンチは1組準備しておきたいところです。
動画も撮影しましたがドレンボルトを外してから撮影し始めたので動きのない動画になってしまいました。
これは酷いw
http://youtu.be/ZA5v3LTTrrQ



中華除雪機 雪姫のオイル交換 〜稼働30時間目での交換 初心者向け記事〜を参考にさせていただきましたので準備した道具類もほぼ同じです。
廃油処理の箱オイルジョッキAZパーツクリーナーのイエロー、樋に使う紙。

準備で違ったのは樋に使った紙くらいで・・・
あ、いや、うちのオイルジョッキには600mlの目盛りが付いてて正確に量れるw
oiljockie.PNG
ドレンボルトにバルブが付いていたらオイル交換が簡単で便利なのにと感じました。
自動車用だとあるんだけど除雪機はサイズが小さいからないんでしょうね。
最後はちゃんとパーツクリーナーで流してきれいにしました。
az_parts_cleaner.PNG

点火プラグは今シーズンこのままで良いと思ってますが、とりあえず新品2本は買って在庫にしておきます。
NGK BP6ESを楽天で購入。
送料を考えると腐るものじゃないのでもっとまとめ買いした方が良かったかな。

残りのシーズンはあと少しですがもう少し頑張って欲しいので手入れをしてあげましょう。
こうして手をかけてあげると愛着がわきます。

[おまけの比較写真]
比較.PNG
中国製の除雪機でもこんなに飛ばせるという証拠写真。
上が2013年2月6日、下が2013年2月26日
雪を捨てる場所がもうないのでひたすら高く積み上げるしかない。
今年は中国製とはいえ買って良かったとひしひしと感じてます。
posted by 吉田屋 at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。